1. TOP
  2. 海外ご当地ネタ
  3. 各国ご当地ネタ
  4. バリ島に行くなら絶対に外せないビーチ5選!透明度の高い南国の海を満喫しよう!

バリ島に行くなら絶対に外せないビーチ5選!透明度の高い南国の海を満喫しよう!

ゴールデンウィークが終わってしょんぼりするのもつかの間、早くも夏休みの計画を立て始めた方も多いのではないでしょうか?

夏休みと言えば、やっぱり海やビーチリゾート!

そこで人気のある旅行先は、なんといっても海に囲まれているリゾート地バリ島!

日本からも近くて行きやすく、ちょっとした休暇で人気のあるバリ島ですが、短期間の間にどこを周るかと悩むはず。

海に囲まれたバリ島には、魅力的なビーチがいっぱい!

そこで今回は、バリ島に行くなら絶対に外せないおススメビーチ5選をご紹介していきます!

バリ観光地の代名詞!クタ・ビーチ

まず最初にご紹介するのはクタ・ビーチ。

バリの代名詞とも言えるクタ・ビーチは、毎日色んな国からの観光客で賑わっています。

空港からのアクセスもよく、ビーチフロントにはリゾートホテルやレストランなども多く、過ごしやすいビーチです。

それだけではなく、クタはショッピングにも人気の観光地で、ここ一つでショッピングにビーチ、そして仕上げに美しい夕日も楽しむ事ができる場所です。

また、小さくて波乗りしやすい波がコンスタントに来るビーチですので、サーフィンを始めたいという方にもおすすめのビーチです!

美しき島、ギリ島

続いてご紹介するのが、バリ島から船で行く人気上昇中のギリ島です。

ギリ島はギリ・トラワンガン、ギリ・エアー、ギリ・マノの3島からなっています。

こちらの島々は車がなく、移動手段は自転車と馬車のみというなんとものんびりできる島です。

多くの方が訪れるのはギリ・トラワンガンですが、一人旅でゆっくりしたいという方にはギリ・エアーがもう少し静かでおすすめです。

バリ島から宿までの移動は、徒歩かもしくは馬車で行きます。

島を周るにはレンタル自転車がおすすめ!

島の端から端まで自転車で周る事ができます。

後は、好きなビーチでのんびりするだけ。

美しい海のそばのサンベッドで寝転ぶのは最高です!

おすすめのマリンスポーツはシュノーケルです。

レンタルもしていますが、購入してもそれほど高くありませんので、衛生面的にもギリ島に行く前に購入し自分のシュノーケルで楽しむのがおすすめです。

綺麗で澄んでいる海では、様々な魚、運がよければウミガメにも出会えますよ!

また、ギリ島での夕焼けも美しく、一日中朝から晩まで楽しむ事ができます。

透き通る海、レンボンガン島

3つ目にご紹介するのはレンボンガン島(Nusa Lembongan)です。

バリ島の東側にあるこの小さな離島は、バリ島からデイクルーズで訪れる事ができ、マリンスポーツを楽しむ事ができます。

もちろん、小さい所ですが宿泊施設もありますので、一泊してのんびりする事もできます。

バリ島から少し離れただけで、こんなに海のキレイさが違うのかと驚くことでしょう。

また、サーフポイントとしても人気で、多くのサーファーが訪れる場所でもあります。

少し忙しいメインのバリ島から離れて一人、のんびりするのもいいのではないでしょうか?

時間があればぜひ訪れて欲しい離島です!

大人のリゾートジンバランビーチ

空港とヌサドゥア・エリアの間にあるのが、このジンバランビーチ。

ここには、フォーシーズンズホテルやインターコンチネンタルリゾートなどのリゾートホテルがあり、大人のリゾートが楽しめる落ち着いた雰囲気のエリアです。

このように優雅で落ち着いた雰囲気と同じく、昼間にサンベッドで寝転びゆったり過ごすのがぴったりのビーチです。

もちろん夕日も美しく、一日のんびりとビーチを楽しみたいという方におすすめのスポットです。

このジンバランビーチですが、大人のリゾートだけが素晴らしい所ではありません!

ジンバランで忘れてはいけないのが、「ジンバランビーチカフェ」と呼ばれるビーチ沿いにあるシーフードBBQエリア。

このエリアは、大人のリゾートの雰囲気とはまた違い、アジア感のあるエリアです。

並べられたビーチ沿いのテーブルで食べる炭火焼のシーフードは、人気のグルメスポットです。

夜になると、キャンドルも置かれロマンティックな雰囲気になります。

一日のんびりビーチで過ごした後に、美しい夕日を見ながら、シーフードBBQを食べるのはどうでしょうか?

秘境パダンパダンビーチ

最後にご紹介するのが、秘境パダンパダンビーチ!

このビーチは、のんびりするという感じではないかもしれませんが、岩の間を降りていってたどり着くというなんとも冒険心をくすぐるビーチです。

ぐんぐん階段を降りて行くとたどり着く秘境とも呼ばれるこのビーチは、ジュリア・ロバーツ主演映画「食べて祈って恋をして」の撮影現場にもなったビーチです。

小さなビーチですが、売店もいくつかあり、目の前の海にジャボーンと入って泳ぐ事ができます。

ただのんびりするだけのビーチとは、また違った感じのビーチを体験したいという方におすすめです。

ちょっと冒険したいと思ったらぜひ訪れて下さいね!

まとめ

日本から近く、アクセスもよく人気のあるバリ島ですが、夏休みに是非、海やビーチに行きたいという方も多いはず。

そこで、今回はバリ島に行くなら絶対にチェックしておきたいビーチをご紹介してきました。

バリを代表するクタ・ビーチをはじめ、のんびりした雰囲気のギリ島、透明で美しい海が魅力のレンボンガン島、高級リゾートホテル立ち並ぶ優雅なリゾート地人馬ランビーチ、そして冒険気分が味わえる秘境パダンパダンビーチ。

どのビーチも魅力的ですが、ここでご紹介したビーチだけではなく、この他にもバリ島には沢山の魅力的なビーチがあります。

一回の旅行で全て周るのは無理なので、まずはここでご紹介した5つのビーチを押さえつつ、慣れてきたら他のビーチも開拓してみるのも旅の楽しみのひとつ!

旅の目的に合わせて、自分に一番あったビーチを訪れてみて下さいね。

きっと一度訪れれば、あなたもバリ島の魅力に虜になるハズ!

\ SNSでシェアしよう! /

女性の海外旅行ひとり旅をサポートする情報サイト Tielabo(ティエラボ)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の海外旅行ひとり旅をサポートする情報サイト Tielabo(ティエラボ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!