1. TOP
  2. 旅の準備
  3. トラブル対策
  4. 海外旅行中に地震が来たら?! 万が一に備えて準備することで安心な旅を!

海外旅行中に地震が来たら?! 万が一に備えて準備することで安心な旅を!

東日本大震災から7年、そして熊本地震から2年。

先週も大阪北部で大きな地震があり、その後も広島や千葉で地震が続いていますが、該当地区の皆様ご無事でしょうか?

このように日本は世界的に見ても最も地震の多い国のひとつですが、実は日本だけでなく、世界中にも地震の多い国があるのはご存知でしょうか?

今年だけでもペルー、ホンジュラス、メキシコ、パプアニューギニア、ハワイなどでマグニチュード7.0超の巨大地震がありましたが、実はそれらにはある共通点があったのです。

待ちに待った楽しい海外旅行中に地震に会うなんて、考えただけでもぞっとしますが、渡航先が地震の多い国かどうか知った上で入念な準備をしておくことで、より安心に旅行することができます。

日本だけじゃない!世界中にもある「地震国」!

2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、そして先週の大阪北部地震。

このように日本は世界的に見ても地震の多い国。

でも世界中には、実は日本以外にも地震の多い「地震国」はたくさんあります!

例えば、前述のペルー、ホンジュラス、メキシコ、パプアニューギニア、ハワイも世界的に地震の多い国ですが、他にも中国やネパールなども近年、大きな地震があったのは記憶に新しいと思います。

ちなみに海外サイトinsider monkeyが公表した情報によると、地震が多い国上位10位は以下の通りだそうです。

  1. インドネシア
  2. 日本
  3. ネパール
  4. インド
  5. エクアドル
  6. フィリピン
  7. メキシコ
  8. トンガ
  9. 中国
  10. イラン

地震の多い国に共通する特徴は?環太平洋火山帯に要注意!

こうして見ると、日本も含めアジア諸国やメキシコ、エクアドルなど南米にも地震が多いことがわかります。

地震が多い国の特徴として挙げられるのは、火山が多いということです。

ランキングには上がっていませんが、オセアニアではニュージーランド、アメリカでは西海岸沿岸やハワイ、南米ではチリなども地震が多いことで知られています。

これらの地域はまるで太平洋を取り巻くように火山が集中していることから、「環太平洋火山帯」と呼ばれています。

日本列島とインドネシア、フィリピン、アリューシャン列島、南米のアンデス山脈、北米のロッキー山脈などが含まれます。

他にも世界二大造山帯と言われているアルプス・ヒマラヤ造山帯も同じく地震多発地帯と言われており、ネパールやイランなどもこれに当たります。

また、一般に地震が少ないと言われているヨーロッパでも、火山の多いイタリアやアイスランドもこれらと比べて頻度は少ないとは言え、要注意です!

いつ被災するかわからないからこそ、万全の準備を!

せっかく楽しみにしていた海外旅行ですが、地震に会ってしまっては旅を楽しむどころじゃなくなってしまいますよね。

しかも地震の多い国は太平洋を取り巻く場所に集中しており、日本以外にも東南アジア、ハワイやニュージーランド、アメリカ西海岸など、意外にも人気旅行先が結構含まれており、がっかりした方も多いのではないでしょうか?

もちろん震災はいつ来るかわからないのが恐いところですが、旅に出る前にしっかり準備しておくことで、旅行中でも自分の身を守ることにつながります!

海外旅行の心強い味方「たびレジ」に登録を忘れずに!

外務省が提供しているサービス、「たびレジ」。

まだまだ聞き慣れないかも知れませんが、出発前に登録しておくと、旅行先の最新情報を教えてくれる便利なサービスです。

現地の治安情報やテロ情報はもちろんのこと、最新の地震情報や緊急事態発生時の連絡先、万が一の緊急連絡まで受けられるというスグレモノ!

外務省Webサイトから旅行日程と滞在先、連絡先を登録するだけで、簡単に登録できます!

海外旅行の心強い味方、是非とも登録しておきたいものです!

なお、「たびレジ」について詳しい情報はこちらの記事をどうぞ!

海外旅行に欠かせないたびレジ登録のススメ!現地の最新安全情報がゲットできる心強い味方!

「万が一」に備え、海外旅行保険に入っておく!

地震で怪我をしてしまったり、後遺障害を負ってしまったときのために、海外旅行保険には是非、加入しておきましょう!

また、貴重品を紛失したり、壊したりした場合や、帰りの飛行機が欠航になって帰国できなくなった場合など、保険によっては補償できないものもあるので、どこまでが補償範囲か確認しておくことが大事です。

在外公館の緊急連絡先を確認しておく!

このように「たびレジ」で現地の最新情報や緊急連絡を提供するだけでなく、他にも在外公館は緊急事態発生時の現地滞在中の日本人の安否確認や、被災者への緊急支援を行っています。

海外旅行で困ったときの強い味方!

旅先の日本大使館や在外公館の緊急連絡先や所在地は、是非確認しておきましょう!

家族や近しい友達に旅行中の緊急連絡先や旅程を教えておく!

万が一の場合に、事前に家族や近しい友達に旅行中の携帯番号やホテルなどの緊急連絡先や、旅程が決まっていればあらかじめ教えておきましょう。

震災時は電話やインターネットなど通信手段が混乱しやすいので、緊急時にすばやく連絡を取り合うには自分の状況を知っておいてもらうことが大事です。

ホテルや宿泊先でも地震時の安全場所を確認!

現地に到着しホッと一息入れたいところですが、ここでもできることはあります!

まず、ホテルにチェックインして部屋に入ったら、地震が来たときに隠れる「安全場所」を見つけておきましょう。

窓際や転倒しそうな大きな家具、階段の傍は避けて、大きく丈夫な机やテーブルがあれば、その下がベストです。

ついでに可能であれば、非常出口も確認しておきましょう。

まとめ

地震の多い国は日本だけでなく、世界中にもたくさんあります。

そのほとんどがアジアと南米に集中していますが、他にもニュージーランドやアメリカ西海岸、ハワイなどメジャーな旅行先も含まれているため、注意が必要です!

せっかく楽しみにしていた海外旅行、でも地震はいつ来るかわからない・・・。

そんなときでも事前の万全な準備をしておくことで危険度をぐんと下げることができます。

特に外務省が提供するサービス「たびレジ」は現地の最新情報が最速で手に入るので、心強い味方です!

楽しい海外旅行中であっても「備えあれば憂いなし!」という言葉を忘れないでいたいものです!

\ SNSでシェアしよう! /

女性の海外旅行ひとり旅をサポートする情報サイト Tielabo(ティエラボ)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の海外旅行ひとり旅をサポートする情報サイト Tielabo(ティエラボ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!